2010年04月21日

菅家さんの選挙権回復(産経新聞)

 足利事件で再審無罪判決が確定した菅家利和さん(63)は14日、失っていた選挙権を回復した。栃木県足利市選挙管理委員会が同日、選挙人名簿に菅家さんの名前を登録。平成12年7月に最高裁で無期懲役刑が確定して以来、10年ぶりの回復となった。菅家さんは「昔は必ず選挙に行っていた。足利市民として選挙に行くことで社会に参加したい」とコメントした。

中国艦艇、現在も沖ノ鳥島近海に 防衛政務官(産経新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
歌人 中川菊司氏死去(産経新聞)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
posted by イマムラ コウゾウ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)

 自民党が15日午前に党本部で開いた全議員懇談会で、橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事らとの連携に積極的な同党の舛添要一・前厚生労働相に離党勧告を求める声など、厳しい批判が相次いだ。

 懇談会では、5人前後の出席者から、舛添氏を念頭に、「新党(を考えている)と言う人がまだいるなら早くけじめをつけてほしい。一緒にできないなら離党勧告すべきだ」「参院選に勝つためには、結束を乱す要因を早く除去すべきだ」など、批判的な意見が続いた。

 大島幹事長はこの後、記者団に「『新党を視野』というのなら、真意を確かめる必要がある」と述べた。

 茂木敏充報道局長は記者会見で、「新党(に関する発言)はよほどの覚悟がないと言うべきでない。いつも発言していると『オオカミ中年』と言われる。舛添氏にはナイスミドルでいてほしい」と批判した。

部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令−仙台高裁(時事通信)
奈良公園の鹿に矢、30代男に逮捕状(読売新聞)
演出家の福田陽一郎氏死去(時事通信)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
posted by イマムラ コウゾウ at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。